2017-10

熊本 植木温泉 ♨ 松の湯

CA3G0015_convert_20120219192901.jpg
    創業明治31年だそうです!!何年経つのかな?・・とにかく歴史ある植木温泉の”松の湯”
    植木温泉は以前は平島温泉と呼ばれていました 創業当時からある3つの温泉の内の一つです

      CA3G0009_convert_20120219192612.jpg
       アルカリ性単純泉が結構な量掛け流されています 低温度では微量の泡付きもあります

 CA3G0010_convert_20120219192654.jpg  CA3G0011_convert_20120219192741.jpg
  二隣り町の菊池からのお客さんと一緒になりました 菊池にも優れた湯があるのですが、ここの湯が
  合うようで通って来るとのことです(^^) 町湯ならではの距離感がいいもんです

熊本 菊池温泉 ♨ 湯元旅館

     CA3G0020_convert_20111125104224.jpg      CA3G0010_convert_20111125103850.jpg
      立寄り湯のスタンプラリーをやってるから寄ったわけではありません・・
      お得な周湯券があるから寄ったわけでもありません・・・偶然です!ぐ・う・ぜ・ん

 CA3G0021_convert_20111125104328.jpg  CA3G0022_convert_20111125124324.jpg
 地元が熊本なのに菊池温泉には浸かったことがなかったので、大分への帰り道どんなものか寄ってみる
 ことにしました! 菊池温泉発祥の湯を持つ”湯元旅館”平日のためか観光客はいません

     CA3G0013_convert_20111125103943.jpg
     源泉は45°PH値の高いアルカリ性の湯 薄めず、沸かさずの完全掛け流しとのこと
     余分な設備もなく温度で浴槽も仕切られているだけ! 期待が持てます!!

 CA3G0014_convert_20111125104017.jpg  CA3G0015_convert_20111125104051.jpg
  浸かってみてビックリ!!かなりのツルツル感(^0^)V 女性が好むいい~湯です! 
  以前に団体客で賑わった温泉街、期待薄で寄ってみたが・・今も生きてる温泉街の底カを見せつけ
  られた気分です  湯口のライオンさんも誇らしげに見えてしまいます 
  温泉はやはり奥深い世界です 入ってみないとわからない・・・しみじみ感じる初冬の午後・・
  

熊本 富温泉 ♨

   RIMG0014_convert_20111124143222.jpg
  九重から小国へ抜ける387沿いにある”富温泉”外見からして手作り感があり今まで避けてきた温泉
  お客さんがいないみたいなので、寄ってみることにいたしました 券売機で400円を支払い入場

     RIMG0013_convert_20111124143344.jpg
      なかなかきれいな岩風呂です! 新しく綺麗な浴室です 湯は癖のない単純泉
      個性的な湯が多いこのエリアでさっぱりしたい時にはいいかも!です
      

熊本 寺尾野温泉 ♨ 薬師湯

 RIMG0005_convert_20111122215040.jpg  RIMG0004_convert_20111122214631.jpg
 わいた・山川の名湯エリアに近い山間部 三軒しかない集落のはずれ車も通れない畑の上に”薬師湯”
 はあります 探し出せただけでも感動ものでした 目印は湯気抜きの屋根 我ながらよくぞ!見つけた!
 
 RIMG0001_convert_20111122214756.jpg  RIMG0002_convert_20111122214911.jpg
以前に比べて外壁も塗り直されて綺麗に管理されています(初訪問ですが、他の方のブログで見て・・)
 
     RIMG0007_convert_20111122215235.jpg
      浴槽は温度で区切られています 源泉が45度と高くなくややぬるめ
      湯は硫化水素 単純硫黄泉 小さな白い湯の花が舞っています 上質の湯です

 RIMG0009_convert_20111122215658.jpg  RIMG0008_convert_20111122215357.jpg
 
     RIMG0010_convert_20111122215530.jpg

 RIMG0011_convert_20111122215824.jpg
しばらくの間 一人で満喫していると
地元のおじいちゃんが4歳の孫とやってきました

地滑り危険地区のこの辺り、以前は少し場所が
違っていたそうです

小さな村の小さな共同湯 
ひっそりしっかり守られていって欲しいものです

熊本 産山温泉 ♨ 奥阿蘇の宿 やまなみ

 CA3G0012_convert_20111018225002.jpg CA3G0027_convert_20111018230352.jpg
  産山には、花の温泉館と御湯船温泉館のふたつしかないと思っていたら<五ツ星 源泉宿66>に
  ”奥阿蘇の宿 やまなみ”と載っているではないですか!! それではと思い立ちさっそく訪問
  してしまいました  しかも日本秘湯を守る会の宿でした・・しらなんだ・・

 CA3G0013_convert_20111018225040.jpg CA3G0030_convert_20111018230517.jpg
  黒川みたいな雰囲気の宿で黒基調の落ち着いた宿です 部屋はこじんまりとしています

 CA3G0026_convert_20111018230244.jpg CA3G0023_convert_20111018230147.jpg

    CA3G0014_convert_20111018225429.jpg
     本日の利用は”かぼちゃ湯”見ての通り湯船が立派なかぼちゃです よく出来ています
    
    CA3G0016_convert_20111018225707.jpg
     湯は弱アルカリ単純泉 あまり期待しないで入ってみると白いちいさな湯の花が舞っている
     ではあ~りませんか!! やや熱めの湯に一気にテンションアップ

 CA3G0015_convert_20111018225528.jpg CA3G0021_convert_20111018230016.jpg
   なかなか・・などと偉そうに思いながら自身の無知を棚に上げ しっかり堪能してしまいました

 CA3G0029_convert_20111018230441.jpg CA3G0031_convert_20111018230602.jpg
   こちら二つは家族湯 お二人様用でおいらにゃ興味がわかないこじんまりとしてカワイイ湯船です
   しかし・・いろんな湯があるもんです 小さな満足の積み重ね 終われそうもないですな~




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

湯ごもり達人&熊本温泉キング

      歳  三  

プロフィール

ヒジカタくん

Author:ヒジカタくん
歳三の飼い主
九州温泉道第61代泉人
別府八湯温泉道名人5度
大分県温泉マイスター
奥豊後温泉郷マイスター

地域密着の鄙び系好み
  

最新記事

ご協力のお願い!

プチッと押してくださいね~

カテゴリ

別府八湯 (206)
長湯温泉 (31)
奥豊後 (15)
由布院・湯平温泉 (12)
九重九湯 (3)
大分市 (14)
臼杵市 (6)
黒川温泉 (5)
阿蘇湯ごもり (10)
九州温泉道 (47)
熊本の湯 (28)
宮崎の湯 (1)
風景 (56)
猫ねこネコ (62)
まぜまぜ (3)
未分類 (28)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

FC2カウンター